HERCULES GS432B PLUS ギタースタンド 3本掛け 安売り 6503円 HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 ギター、ベース用パーツ、アクセサリー スタンド minami-office.net,HERCULES,/Perates3891934.html,PLUS,GS432B,ギタースタンド,3本掛け,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , ギター、ベース用パーツ、アクセサリー , スタンド,6503円 HERCULES GS432B PLUS ギタースタンド 3本掛け 安売り minami-office.net,HERCULES,/Perates3891934.html,PLUS,GS432B,ギタースタンド,3本掛け,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , ギター、ベース用パーツ、アクセサリー , スタンド,6503円 6503円 HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 ギター、ベース用パーツ、アクセサリー スタンド

HERCULES GS432B PLUS 入手困難 ギタースタンド 3本掛け 安売り

HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド

6503円

HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド

ハーキュレスの3本掛けギタースタンドです。オフステージからオンステージまで、ハーキュレススタンドはクラス最高の機能、耐久性、安定性で設計されています。革新的なAGS(オートグリップシステム)はより幅広い楽器ネックに対応出来るようにアップグレード。より安全に、より使い易く機能が向上しました。

ハーキュレス ギター3本掛けスタンドHERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンドハーキュレスの3本掛けギタースタンドです。オフステージからオンステージまで、ハーキュレススタンドはクラス最高の機能、耐久性、安定性で設計されています。革新的なAGS(オートグリップシステム)はより幅広い楽器ネックに対応出来るようにアップグレード。より安全に、より使い易く機能が向上しました。AGS(オート・グリップ・システム)は、ギターやベースなどの楽器本体の重量によってネックハンガー部分が下降し、同時にアームが上がって楽器のネック部をつかむようにホールドします。付属のアタッチメント「NINA(ナロー・インストゥルメント・ネック・アジャストメント)」をネックハンガー部分に取り付けることで、バンジョーやマンドリンといったより細いネックの楽器にも対応することが可能です。SFF(スペシャル・フォーミュレイテッド・フォーム)ラバーコンタクトは、楽器に触れる部分使用されており、金属が直接楽器に触れることが無く、優しく保護します。Adjustment Clutchにより、スイッチ部分を押すことで簡単に高さ調節が可能。出っ張りの少ない設計のため、楽器の背面を傷つける心配もありません。楽器のボディを支えるバックレストは折り畳みが可能。楽器の底部で支える構造ではないため変形ギターなど様々なボディシェイプに対応します。スタンド本体は折り畳みが可能なため持ち運びや移動も容易です。【SPECS】・高さ:905 mm - 1,130 mm (35.6" - 44.5")・重量:2.98 kg (6.6 Ibs.)・ベース径:430 mm (16.9")・許容重量:30 kg (66 Ibs.)・折り畳みサイズ:780 mm x 150 mm x 150 mm (30.7" x 5.9" x 5.9")【オフィシャルサイトでもご購入頂けます】HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド

HERCULES GS432B PLUS 3本掛け ギタースタンド

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。